山田ポイント

山田ポイントは前兼久の港から約5分くらいの移動で着くポイントです。

恩納村の山田という地域名から名前の由来がきています。

白い砂地が広がり、ユビエダハマサンゴが群生するポイントです。水深は5M〜20Mくらいになり、初心者の方から楽しめます。

サンゴが群生しているまわりには黄色い鮮やかなヨスジフエダイやアカヒメジが群れています。

ロクセンスズメダイやデバスズメダイなどのカラフルなスズメダイもみられます。

また、日本で観測できる六種類のクマノミの仲間も見ることが出来ます。

クマノミ、ハマクマノミ、カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、セジロクマノミ、トウアカクマノミの六種類です。

トウアカクマノミは最も珍しく、水深20Mで見ることが出来ます。水温が上がる時期(23〜24℃)には卵が産まれます。

ライセンスコースや体験ダイビングなどでもよく利用されるポイントです。

山田ポイント | 初めての沖縄体験ダイビングガイド