沖縄青の洞窟

沖縄青の洞窟の簡単な概要と遊び方やアクセス方法について

沖縄青の洞窟は沖縄本島で人気のある場所の1つとされています。この沖縄青の洞窟は、海水の浸食によってできた自然の洞窟です。また、洞窟内部ににある水面が太陽の光が反射して青く輝くことから青の洞窟と呼ばれるようになりました。

さらに、洞窟には多数の魚がおりますが、人間に慣れているため魚の方から人間の方によって来ます。このような、魅力的な面が多い沖縄青の洞窟ですが、ただ洞窟に訪れる方だけではなく、遊べるという面からも訪れる方はいます。

遊び方は2つで、シュノーケリングとダイビングです。シュノーケリングは、水中メガネとシュノーケル、フィンを装着した状態で水中を散歩します。次に、ダイビングにはインストラクターの指導を受けながら体験することができます。以上のような遊び方が可能です。さらに、沖縄青の洞窟の場所ですが、那覇空港から1時間30分程度または那覇市内で1時間程度で着くのでアクセスの良さも人気の理由です。

最後に、青の洞窟を訪れる最適な時間帯は朝7時〜9時頃もしくは15時過ぎ頃が良い時間と言われています。逆に、10時〜14時頃は観光客が多く訪れる時間帯ですので、ゆっくりした観光は難しいですので注意が必要です。